« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

大晦日も涙。

今日は大晦日。ざっくりと掃除をして買い物をしていつもの年末と変わらないのに、ベルはいません。入院させなければ、お正月くらいは一緒に過ごせたかもしれない。そんなことを思うと悔しさと悲しさとで涙があふれてしまいますweep

明日は元旦でベルの月命日dog夢でもいいから帰ってきてくれないかなぁ。

今年は本当につらい年となってしまいました。震災や台風で足止めを食らったり、ベルも様々な病気を抱え苦しんできましたdown

来年は良い年となりますようにclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寂しいクリスマス。

今年のクリスマスはケーキも買わないと思っていたのですが、ベルが欲しいかなと思ってコンビニへ買いに行きましたcakeケーキを食べさせてあげられなかったことは本当に悔しいです。そして大好きなイチゴの季節が来たのにこれも食べさせてあげられませんでした。ベルごめんね。

そんなことを考えていたらなんだか今日も辛くてずっとうるうるしていましたweep

どんなに悔やんでもベルは戻ってこないけど、もう一生ベルには会えないんだなぁと思うとまた涙があふれてしまいますweepベルに会いたいよう~clover

ハロウィーンのベルです。たった1か月前には笑顔を見せてくれていたのに…

2011103117290000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涙の日々。

ベルが旅立ってから3週間がたちました。まだまだ辛い日々です。涙を流さない日はないですweep今の後悔はやはり11/23に病院に連れて行かなかったこと。もしかしたら今頃生きていたかもしれない…。ベルを守ってあげられなかった自分が本当に情けないです。

去年のクリスマスにはケーキを食べたねcake大変なことになっちゃったけど幸せな時間でした。

今年のクリスマスはひとりです。ベルが会いに来てくれますようにclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうのわんこ。

今朝の「きょうのわんこ」はポメちゃんでした。太郎くん12才dogベルに似ていて朝からちょっぴりうれしかったですup

朝はいつもせわしくてきょうのわんこの時間にはだいたいベルの目薬タイムでした。3種を5分おきだったので結構大変でした。そんなささいなことも今となっては大切な思い出で思い出すと涙が出ますweep

会社に行けばベルのことを考えずに過ごせますが、家に帰ると寂しさで押しつぶされそうですdownベルに会いたいですheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての献血。

ベルが旅立ってから2週間がたちました。悲しく寂しく長い時間でした。今まで生きてきた長い人生の中でも最もつらい時間だったかもしれません。でもまだベルの死は受け入れられないのです。

入院させてしまったことへの後悔は募る一方だし、ベルに会い気持ちも募る一方です。家にいるとベルを思い出し涙があふれますweep

今日は会社で人生初めての献血をしてきましたhospitalその理由もこのところベルはずっと採血や点滴でつらい思いをしてきて、最後も点滴の針を外した時に血が滲みました。つらい思いをさせてしまったせめてもの償いに苦手な献血に挑戦してきました。思ったよりも楽でしたが。

ベルは今頃どこで何をしているのかな~夢でもいいから会いに来てくれないかな~dog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪へ。

ベルのいない週末を家で一人過ごすのはつらすぎるので、大阪へ行ってきましたbullettrainまあ大阪に行っても、前回にベルと来たことを思い出しつらかったのですが、少し楽しんできました。1度行ってみたかった大阪城、ベルがいるとどこのお城でも入れないことが多かったので、天守閣に登れるのは初めてかも。でも天国に少し近い気がして涙が出ましたweep

金閣寺にも行ってきました。ブータンの国王が行ったのを見て行ってみたくなりました。買い物をしても普通にお店にはいれるし、ごはんを食べるにも何の制約もありません。車に乗るとベルの指定席だった私の膝の上は空いていて、いつもは重い~と文句を言っていたのに、何かが足りなくて仕方がありません。

ベルに会いたい思いは募るばかりなので、かなわぬ思いを消すのに必死になっている今日この頃ですdog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルの初七日。

今日はベルの初七日。三途の川に到着する日(?)でそこで最初の審判が下される日とのことなので無事を祈りひそかに手を合わせました。

ベルが旅立って1週間。ベルに会いたくて会いたくて仕方がないです。どうにもできないのに…もしも一つだけ願いがかなうならベルを生き返らせてほしいです。

考えてみればベルは点滴だの注射だの採血だの頑張ってきました。本当に褒めてあげたいです。でも飼い主の私はベルを守ってあげられませんでした。悔しくて情けないです。でも後悔してもどうにもできない…

仕事に行っても時々悲しくなって泣いています。家にいると泣いてばかりですweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今の気持ち。

12月5日ベルが旅立って4日目です。まだまだ苦しいです。悲しいというよりベルがいない寂しさと後悔の念でいっぱいです。

先週の月曜日にはまだ生きていて、ささみやおやつを食べたのに、どうして今はいないの?どうにもできないむなしさと寂しさがあります。一週間前に戻りたい…

後悔しているのは、どうしてもっと早く病院に行かなかったのか。ベルの食欲が落ちてきていて、でもまったく食べない訳でもない。肝臓の悪化だったら嘔吐や下痢をするしそれもない。でも腎臓だったからなんだ。あと1週間早く病院に行っていたらベルは助かったかもしれない。

なんで入院点滴を選んでしまったのか。腎臓の数値が高かったからしっかり点滴した方が治ると思って選んだけど、もしかしたら点滴で大量に水分を入れたことで肺に負担が来たのでは…皮下点滴にしていればベルは助かったかもしれない。

入院2日目か3日目で連れて帰っていれば、家で看取ることができたかもしれない。

今となってはどうにもすることができない後悔の念と寂しさ。どうにもできないことが本当につらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルは天国へと旅立ちました。つづき。

つづき。

12月2日はベルと過ごしました。寒い日でしたがエアコンをつけられないので頑張りました。ベルをブラシして寒いので洋服を着せました。死後硬直していて被り物はだめで脇開きの物を着せました。なんだか生前より毛艶はいいです。ほわほわです。

葬儀も全く決めていなかったので、ネットで探しました。一応火葬車に来てもらおうかなと思いペットpapaさんにお願いしました。火葬は日曜日。

12月3日はだんなベルと3人で過ごしました。明日のお花とベルに持たせる物を準備しました。以下がベルに持たせたものです。

夏服、お手紙、写真、食べ物(ささみ、さつま芋、ジャガイモ、いちご、白菜、ボーロ、たい焼き、ささみのおやつ、ガム)

大好きだった物ばかり用意しました。ほとんど泣きながらでした。

土曜日はベルもやわらかくなっていて、(死後硬直は解消するのでしょうか?)ピンクの服に着替えました。今日が本当に最後の夜かと思うとまたまた涙が止まりませんでした。

12月4日いよいよベルとのお別れの日です。ベルに持たせる食べ物を準備してベルにお別れです。ベルをいっぱい触って、においを嗅いで、肉球も触って、感触を忘れないように。そしてベルを抱いて家の中を回りました。ベルが家のことを忘れないように…。

2011120411350000

そしていよいよお別れです。火葬のトラックで近くの公園へ向かい、ベルを飾り、ベルは空へと旅立ちました。今日は快晴なので方向音痴のベルでも大丈夫そうです。50分ほどでベルは小さな骨になりました。ポメは骨が細く小さいそうです。でもきれいに残ってました。骨壺に収め手を合わせました。

家に帰ると本当に空虚でまたまた涙です。つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルは天国へと旅立ちました。つづき。

つづき。

面会を終えて家に戻り、テレビを見ていたら携帯が鳴りました。病院からでした。

べるちゃんの呼吸がとまったので、気管挿管し心臓マッサージをしています。すぐに来てください。とのことでした。

パニックになりながら家を飛び出し、ちょうど名古屋出張で自宅に向かっていただんなに連絡をしタクシーで病院へ向かいました。

ベルは喉に管を通され心臓マッサージを受けていました。マッサージをするとモニターの数値は上がるけど止めると下がっていきます。「もう心臓は止まってますか?」と聞くと「はい」と答えが返ってきました。多分私が止めない限り先生はマッサージを続けるでしょう。でもベルも辛そうだったし「もういいので。ベルを抱かせてください。」とお願いしました。

先生が手を止め気管のチューブを外しベルを抱きました。まだまだ温かくてでももう力はなかったです。しばらくしてだんなが到着しまだ温かいベルに触りました。もう涙涙でした。

ベルは夕方の面会の後ささみを食べたこと、夜に見回った時には自力で起き上がっていたこと、苦しまなかったことを聞きました。起き上がったのは何かを訴えていたのでしょうか。

その後ベルをきれいにしてもらい3人で家に帰りました。

家に帰ると冷たくなっていくベル。そんなベルと一緒に3人で寝ました。ほんとうにほんとうに長く悲しい夜でした。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルは天国へと旅立ちました。

12月1日木曜日ベルは天国へと旅立ちました。

入院3日目に肺炎が悪化し呼吸が止まりました。今は悲しみと寂しさと後悔で胸が張り裂けそうなほど苦しいです。何をしていてもベルを思い出し涙を流しています。

何か一つ願いがかなうなら、ベルを生き返らせてほしいです。私もベルのそばに行きたいです。

ベルの最後を記録として残しておきます。

11月30日ベル入院2日目。夕方に面会しました。紙おむつ姿で横たわるベルの姿に衝撃でした。先生の説明では。

・腎臓の数値はほんの少し下がりました。・黄疸は解消。

・肺のレントゲンの白さと白血球の高さは変わらず。

・さらに心臓弁膜症(軽度)となぜか肋骨骨折がある。

・ごはんは食べました。とのことでした。

むくみも気になったけどごはんを食べたことのみを頼みにその日は家に帰りました。

12月1日ベル入院3日目。この日は休診日のため夕方短時間での面会をお願いしました。ベルは相変わらず横になっていました。呼吸が少しハーハーして苦しそうでした。むくみもかなりひどくなっていました。足を触るとピンとつっぱって今思うとくるしかったのですね。先生の説明では。

・腎臓の数値は少し下がっています。

・肺のレントゲンの白さはひどくなっていて白血球の数値も高いので抗生剤の種類を変える予定とのこと。そのために呼吸が苦しそうとのこと。

・むくみがひどいので少し点滴量を減らしたとのこと。

・今日は食欲がないので何か好物はと聞かれ、ささみとか芋類ですと答える。

・私が来る前に少し吠えてましたよとのこと。

ベルの状態はかなり悪くなっている感じだったので家に連れて帰りたい気もしましたが、点滴をはずして家に連れて行けるような状態でもなかったので、後ろ髪を引かれる思いで家に帰りました。この後わずか3時間半後に呼吸が止まるとは思いもしませんでした。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »